◆ 陶カッサ ◆


すいふうようの陶カッサは、陶の重みを利用して力をいれることなく楽~にマッサージできます。
ハートの曲線の凸凹が、体のいろんな曲線にフィットします。

*医療品ではないので効果をうたうことはできません。

使い方次第では良くない影響が出かねませんので、自己判断・自己責任でお使いください。


~ふたつのカッサ、LINEとDOT~


曲線の宝庫であるハート型

自身の不調のために使いたくて、数年前に初めて作ったカッサを、作家自らが使い続けました。

大きさ、形、曲線、厚み、感触・・・改良して出来たのが、ふたつのカタチです。

アクセサリーに多用しているハートという曲線の宝庫は、体のあらゆる部位にフィットすることがわかりました。

そして、ついつい力を入れてしまいがちなマッサージ。

マッサージ自体で疲れてしまうようでは、マッサージをしているのか腕を酷使しているのかわかりません。

すいふうようの陶カッサは、力を入れないで使ってください。

たまたま・・・陶を扱っているので、陶で作りました。

すると。

力を入れずとも、陶自体の重さがやさしく押してくれました。

陶の重みだけで十分です。

押し過ぎにより内出血したりアザができるなんで、もってのほかです。

筋肉を潰したいのではアリマセン。

痛みを感じたいのではありません。

体は痛みにストレスを感じ、硬く閉じようとします。

体を緩めて滞った部分にアプローチすることで体や脳が反応し、

”血流を!酸素を!ソコへ向かわせろ!”

そう、脳に指令を出して欲しいだけなのです。

そして、本当にアプローチしたいのは皮膚や筋肉だけではありません。

もっと、もっと、深くて深くて・・・誰もが手の届かないと思い込んでいるところです♪


日々のメンテナンスにひとつ・・・または両方、あるといいな、なハートの陶カッサです。


こんな風にフィットします。

・ハート上部のくぼみ→鼻筋、アゴのライン、指など、シャープな凸部分をホールドしてます。

・大きなくぼみ   →腕、首、肩、足など、ボディの大きな凸部分をやさしく押し流します。

・大きなふくらみ  →あらゆる部位を、深く押したり、流します。

・ハート下部の先端 →ピンポイントなツボ押しの要領で、指で押すよりももう少し深いところに届きます。

■ LINE ■

サイドに連なる(line)5つの”ポッチ”が(先端含め6つ)、線ではなく点でアプローチします。

五本の指で一定の方向に押し流す感覚です。

持ちやすい形状なので、周囲の曲線を駆使したい方にオススメです。
(穴有りは旧バージョンです)

■ DOT ■

点在した(dot)6つの”ポッチ”が、垂直にアプローチします。

広げた指が広範囲で押すイメージです。

肌に当て、肌表面をこするのではなくもっと下の層を”揺らす”要領で使えます。

また、肌にマッサージオイルを塗布するか、または薄い衣服の上で”なでる”だけでマッサージされている状態となるため、使いやすく初心者向けです。

< サイズ: 約 85×70mm 60g >

同じように見えるかもしれませんが、ひとつひとつが手づくりです。

おおまかなハートのカタチと”ポッチ”は、あらかじめ制作した型を使っています。
制作に時間がかかり過ぎては価格が大変なことになりますし、実際に使う上でも、オリジナルで個性的であるよりも安定した形の方がいいいと思います。

とは言え「ぱかぱか!」出来上がるものではなく、平面のハートをてのひらに馴染む形に湾曲させ、角をまぁるく削り、表面をなめらかにし、肌にフィットさせた際にストレスのない様に形作っています。

◇注意◇

*マッサージの際は、薄い衣服の上から、または、肌にマッサージオイルを塗布してください。

地べたに放置すると、誤って踏み転倒の恐れがありますので、必ず、所定の位置に保管してください。

本品は陶製です。

破損した場合は肌を傷める可能性が高いので、使用を止めてください。

お茶碗と同じようにやさしく取り扱ってください。